上海も中止、秋のアジアツアーはすべてキャンセルに

ATPのツアースケジュールアップデートがありました。

https://www.atptour.com/en/news/atp-updates-q4-2021-calendar-august
The ATP has issued further updates to its Q4 2021 ATP Tour calendar, outlining a revised tournament schedule from September through to the culmination of the se...

まぁ予想通りといえば予想通りですが、上海マスターズを含む中国の大会(成都、珠海、北京)はすべてキャンセルに。これで秋のアジアツアーはすべて中止に。

それを受けて、インディアンウェルズが日程を延長(春に開催していた時と同じ長さになった)。また。その前週にサンディエゴの大会が追加になりました。

レーバーカップ~サンディエゴ~インディアンウェルズ、と米国内でスケジュール調整が可能になりました。

上海マスターズの公式ツイッターも中止をアナウンス。

中止になった理由が書かれていないし、悔しさがにじみ出たツイートに思えるんですがどうでしょう。成都、珠海を中止にして日程を調整しても、選手が直後に米国でのマスターズが控える中、わざわざ1大会のためにアジアにやってこないですよね。

いちおう公式サイトには、ATPや中国政府のスポーツ局などが協議を重ねた結果、中国国内でコロナ感染は鎮静化しいるが、海外旅行を制限している中、選手を迎えて大会が行えないという結論に至ったと書いてありますが、結びの一文が「Everyone at the Rolex Shanghai Masters thanks you for your understanding and support」で誰が誰に向かって言ってるんだw

上海マスターズは選手の選ぶベストな大会によく登場してましたけど、アジアの大会の立ち位置がよくわかる2021年でした。なんかなし崩しにアジアの大会が縮小化していかないといいですけど……。

今でこそジャパンオープンに毎年トップクラスの選手が(北京には負けるけど)参加してくれますけれど、2000年代半ばは一時期500大会とは思えない層の薄さでした。またそんな時代に戻らなければいいのですけどね。

大会雑記
miruteniをフォローする
見るテニス

コメント