東京オリンピック第2次抽選申込受付は11月13日から

東京オリンピックの観戦チケット第2次抽選申込受付は11月13日(水)からとアナウンスがりました。申込締切は11月26日(火)の午前11時59分まで。

抽選申込期間:2019年11月13日(水)未明~11月26日(火)11:59
抽選結果発表:2019年12月18日(水)
購入手続期間:2019年12月18日(水)~2020年1月10日(金)23:59

オリンピック観戦チケットの抽選申込・購入手続|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
東京2020オリンピックにおけるチケット抽選申込方法についてご紹介します。

第2次抽選販売において3つの変更点がありました。

  1. 第2次抽選販売の申込における当選枚数は最大18枚です。各セッションの申込・購入上限枚数は開閉会式は2枚、決勝等のメダルセッションは4枚、予選等のセッションは6枚になります。
  2. ボクシングのチケットの販売を開始します
  3. マラソンなど、チケット販売を行わない競技・セッションがあります

注意点は、

  • 全体の最大申込枚数は第1次希望と第2希望それぞれ18枚ずつ、最大当選枚数は18枚となります。
  • セッション毎の申込・購入上限枚数は、第1次抽選販売からの累計となります。

2次募集からでももちろん申し込み可能です。

テニスの留意点は、今回からいわゆるアザーコートの申し込みが始まったことです。自由席です。

なお、公式サイトでは、1次抽選販売の傾向を発表しています。

その申し込み傾向とは

  • 過去大会で日本人がメダルを獲得している競技や、人気の高い競技を中心に、決勝セッションの申込は多かった。
  • 最上位席(A席)と最下位席に比較的申込が多かった。
  • 金曜日夜や土曜日開催のセッションは申込みが多かった。一部の競技を除いて平日昼間のセッションは比較的申込が少なかった。
  • 席数が多い会場での競技や予選のセッション数が多い競技は比較的、申込が分散する傾向があった。

まぁ、ごく当たり前の傾向というかw 一番高い席と安い席が売れるのもあるあるですよね。

そして競技別にみると、「第1次抽選でメダルセッション&それ以外の試合の両方とも申込が著しく集中した競技」は、バドミントン、自転車競技(BMX フリースタイル)、射撃(クレー/ライフル&ピストル)、スケートボード(メダルセッションしかない)、スポーツクライミング、そしてテニス。もちろん開会式、閉会式もです。

野球、水泳(競泳)、体操、新体操、サーフィン、卓球、バスケットなどはメダルセッションが競争率が高かった模様。

ワールドカップで盛り上がったラグビーは比較的チケットが残っていますので、2次予選では人気が出そうな予感がしますね。バスケもメダルセッション以外はまだ余裕がありそう。こちらも八村塁選手の活躍で、2次予選は競争率が高くなりそうな気がします。

オリンピック関連の過去記事はこちらに。

2020東京オリンピック、パラリンピックのチケット価格
2020年、東京オリンピック、パラリンピックのチケット価格が発表になっています。テニスのチケット価格は以下の通り。開会式や他の競技で設定されているE席はテニスはありません。東京オリンピック:テニス...
そろそろ2020東京オリンピックのテニスの出場資格について気にし始めた
2020東京オリンピックのテニスの出場資格についてまとめてみました

コメント